冷蔵庫 郵送

格安で冷蔵庫だけを郵送する方法

冷蔵庫 郵送

冷蔵庫 輸送

冷蔵庫 送りたい

冷蔵庫 運び方

冷蔵庫 郵送

 

郵便局から冷蔵庫を送ることは可能でしょうか?

 

実は郵便局では重さ30キロまでの荷物をは扱っていますが、冷蔵庫などの大きなものは運べません。

 

クロネコヤマトでは家財宅急便がありますが、冷蔵庫の大きさや配達距離に応じて費用が変わりますので、格安かどうかはわかりません。

 

できるだけ格安に冷蔵庫を送りたいなら、引越し業者一括見積もりサイトから見積もり依頼するのがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

実は引越し業者が冷蔵庫などの大きな家財だけを運んでくれるサービスがあります。

 

できるだけ引越し費用を抑えたい方や、近距離の引越しの方などに喜ばれています。

 

引越し業者一括見積もりは、あなたのお住いの地域にあるいくつかの引越し業者から見積もりを取ることができます。

 

同じ内容なのに引越し料金が違うのか不思議に感じると思いますが、結構な差があるのです。

 

上手に活用して、お得に引越ししてくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

引越しの手順

 

引越しの手順

 

引越しにはすることがおおいですがおおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

おおまかな手順、いかがですか?
ちなみに冷蔵庫は引越しの前日までに中身を空にし、コンセントを抜いて霜取りをしておきましょう。
水がでるかもしれないので雑巾を用意しておいてくださいね。

 

引越し先の情報はないと正確な引越しの価格が出せません。

 

エレベーターがあるかないのか、廊下はせまくないのか、トラックは近くに停められるのか?などの情報が必要なのです。
ですから新居が決まる前に見積もりを取ってもあまり意味はなく、見積もりは新居が決まってからがオススメです。

 

そして不用品を運ぶにも引越し料金がかかって不経済です。
不用品は売る・捨てる・あげるなどして処分しましょう。

 

市外引越しの場合は転出届が必要です。
引越し先が近隣ならいいですが遠方ですとなかなか面倒な手続きになるので、必ず引越し前に提出しておいてください。

 

電気・ガス・水道は引越し日に止めてもらうように手配します。料金は日割り計算で精算します。
ガスがガス会社立ち合いで元栓を閉める作業がありますので、詳しくは会社に電話して問い合わせておきましょう。

 

さらに同じ市内なら引越し日からは新居で電気・ガス・水道を新居で使えるように手配しておきましょう。
通信会社にも連絡し、どうすればいいか確認してくださいね。

 

郵便物は1年間は新居へ転送することができます。
その間に知人に「引越ししました」というハガキやメールなどで連絡をしてください。

 

引越し当日、荷物の運送は引っ越し業者にお任せするとして家具家電の配置、ダンボールの置き場所などは指示してください。
前もって紙に書いておくとスムーズに作業が進みます。
荷解きはどうぞゆっくりと行ってください。

 

さて新居に最寄りの役所には、市外引越しなら転入届を同一市内なら転居届けを2週間以内に提出しなければなりません。
選挙、税金など大事なお知らせががこれで届きます。

 

ほかにも免許証、パスポート、保険、カード会社、銀行系などいろいろなところに住所変更を連絡しておきましょう。
郵便局の転居届は1年ですから早めに連絡しましょう。

 

 

 

 

クーラー 移動 引越し 費用 目安 家電 配送